ハリガネサービス 第7巻

評価:3.5

竜泉学園の選手たちの変則的な個性の理由が明らかになる。
雨竜監督の怪しさ爆発なのだが、徐々に豊瀬も本来の姿に戻り、マッチポイントを迎える。
しかしここで朧が本性を現す(というかそれまで影が薄すぎるんですけど)。
レシーブに絶対の自信を持つ金田ですら心を折られかけるのだが……。
絵は相変わらずちょっと受け付けないのだが、キャラクターの背景は意外と深かったりする。
徐々に、この漫画をどう受け入れればいいのかがわかってきたような気がする。