最近の記事

過去の書評などを遡って書いたりするので、最近一週間分くらいの更新を表記しておきます。

クラスター対策班の指針とオーバーシュート(感染爆発)について

日本の状況を最も把握しているのはやはりなんと言ってもクラスター対策班です。

クラスター対策班の押谷仁教授の3/29時点のプレゼンテーション資料はよくまとまっていますし、チームとして日本として、何を目指しているのかがよくわかります。

https://www.jsph.jp/covid/files/gainen.pdf


クラスター対策班のTwitterも要チェックです。
上記資料の中にある21ページ目のグラフの見方、考え方については↓のツイートがわかりやすいです。


↓は昨日(4/4 21時頃)の押谷教授のメッセージです。我々が何を目指して行動変容すべきかがわかりやすく説明されていて、説得力が高いです。


また、4/4のNHKクローズアップ現代+「”感染爆発”をどう防ぐか」では、専門家会議の尾身副座長が「オーバーシュート」(感染爆発)は、「感染者数が2、3日で倍増する」という事態を指していることを示唆していました。私が知っている限り、オーバーシュートが一般の人向けに定義されたのは初めてだと思います(既に定義されていたのであればすみません)。

定義が明らかになれば、オーバーシュートするかどうかを調べることができます。ということで、調べてみました。

gis.jag-japan.com

本日(4/5)の18:00時点で、↑のサイトによれば日本の感染者数は3,708人です。その半数1,854人を超えたのは3/29(1,919人)ですから、7日かかっています。さらにその半分の927人を超えたのは3/18(930人)ですから、11日です。

3/18 930人
3/29 1,919人(11日)
4/5 3,708人(7日)

これだけ見れば、オーバーシュートは発生していないと言えます。

では東京ではどうでしょうか。同様に、感染者数の倍増にかかる日数は以下のようになります。

3/20 129人
3/26 259人(6日)
3/31 521人(5日)
4/5 1,034人(5日)

見てわかる通り、確かに東京の感染者数は毎日増えているのですが、オーバーシュートには至っていない、という結論に至ることになります。クラスター対策班や専門家委員会が「ギリギリ持ちこたえている」と言っているのは、「2、3日で倍増する」事態には至っていないということなんですね。

では、どうなるとオーバーシュート発生となるかですが……。

日本全体ですと4/3が3,196人ですので、4/6の感染者数が6,392人以上になるとオーバーシュートとなります。18:00時点で3,708人ですので、1日で2,684人増えなければ大丈夫、ということですね。昨日までが1日に350人前後ですので、これはちょっと無理がある数字です。

では東京だとどうなるか、ですが。4/3が773人ですので、4/6の感染者数が1,546人以上になるとオーバーシュートです。18:00時点で(東京の数字はこれまでの傾向からするとこれ以降増えない)1,034人なので、1日で512人増えなければ大丈夫、ということになります。昨日が118人、今日が143人ということで、これも実現可能性は低いです。

そしてもうひとつ重要なのは、東京都での検査数です。

stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp

検査実施数、検査実施人数は東京都の↑のサイトで確認できるのですが、報告が数日前なので、現在わかるのは4/2までです。実は4/2までの検査人数の最高値は4/2の469人なんですね。ただし、この検査数には、医療機関が保険適用で検査した数が含まれていないという点には注意が必要です。

東京都のこの数字が検査人数の全てであると仮定すると、感染者数/検査人数で、感染確認確率を出すことができます。検査実施人数がわかるのが4/2までなので、それまでの感染確定確率を出すと、

3/29 68人/331人=20.5%
3/30 13人/41人=31.7%
3/31 78人/145人=53.8%
4/1 66人/164人=40.2%
4/2 97人/469人=20.7%

となります。5日間の平均を取ると、322人/1,150人=28.0%となります。

仮にこの感染確認確率が今も続いているとすると、オーバーシュートしているかどうかを正しく判定するためには、512人の感染者を検出するのに必要な検査人数は、1,829人となることがわかります(512/0.28)。

つまり。

東京都の検査人数が1,829人にならない限り、オーバーシュートになる確率は限りなくゼロに近い、ということになります。

東京都の現在の検査能力については、私にはよくわかりませんが、明日いきなり1,829人の検査が可能になるということもなさそうです。ということで、少なくとも4/6にオーバーシュートに至ることはないということになります。

安心できたでしょうか?

私は不安です(汗)。

※ここでは問題を単純化するためにかなり簡易的な方法を使っています。正しい分析は専門家の方々にお任せします(汗)。

※もうひとつ補足。尾身副座長はオーバーシュートの定義を「ヨーロッパの経験を元にして作った」とおっしゃってます。ヨーロッパと日本では検査対象のスクリーニング方法が違うはずなので、同じ定義でいいのかどうか、私には判断がつきません。検査対象を絞っている日本の現状では、この定義をそのまま用いるべきではないのではないか、と個人的には思います。

日本の感染者数増加スピードを他国と比較してみる

東京の感染者数もさることながら、日本全体の感染者数増加スピードがかなりアップしています。

例によって、新型コロナの話はもういいよ、という方は読み飛ばしてください。


GIS.JAG-JAPANのサイトをベースに、日本の感染者数の推移を見ていきましょう。



グラフを見ても増加スピードが増しているのは一目瞭然ですが、試しに500人ごとに突破日数を並べてみました。
()内は、突破日数と、その間の増加人数/日数(つまり増加速度)です。

3/9 525人 ←500人突破
3/20 1,021人 ←1,000人突破(11日、45人/日)
3/27 1,546人 ←1,500人突破(7日、75人/日)
3/30 2,045人 ←2,000人突破(3日、166人/日)
4/1 2,543人 ←2,500人突破(2日、249人/日)
4/3 3,003人 ←3,000人突破(2日、230人/日)

経過日数が短くなるほど、増加スピードが速い(グラフの傾斜が急)と言えます。

他国は検査対象のスクリーニングをあまりしていないようなので、単純に比較することはできませんが、実は1,000人を超えた後はもっと早いペースで2,000人に到達、さらに勢いを増しています。
1,000人から2,000人になるペースはWHOのデータを元にすると、こんな感じです。

中国 1/25 1,297人 → 1/27 2,761人 (2日、732人/日)
韓国 2/26 1,267人 → 2/28 2,337人 (2日、535人/日)
イタリア 3/1 1,128人 → 3/3 2,036人 (2日、454人/日)
アメリカ 3/13 1,264人 → 3/17 3,503人 (4日、560人/日)
 ※WHOの米国14日~16日は1,678人(データ停滞期)
ドイツ 3/9 1,112人 → 3/13 2,369人 (4日、314人/日)

なお、NYで非常事態宣言が出されたのは3/12。思いのほか早いですが、米国全土とNY州で感染者拡大スピードが明らかに違ったからでしょう。
イタリアは3/8に北部で非常事態宣言、3/10に全土に広げています。8日5,883人、10日9,172人なので、やや遅い対応だったかもしれません(ようやくピークを超えた兆しが出てきたようです)。

この中で、10,000人あたりで感染者数のピークを迎えようとしている国がひとつだけあります。韓国です。
韓国は緊急事態宣言を2/23に出しました。当時の感染者数は346人。翌2/24に602人なので、人数は少ないものの、増加スピードが増し始めた瞬間でした。韓国では大邱も含めて都市の出入りを禁止する都市封鎖(いわゆるロックダウン)はしていませんが、食料品買い出し以外の外出をしないよう要請しています。恐らく日本で緊急事態宣言が出た場合、出るであろう範囲だと思われます。
韓国では感染者数10,000人くらいのところで「ギリギリ持ちこたえる」ことができました。

問題なのは人数ではなく、増加スピードです。今の日本の増加スピードは、ちょうど3月中旬くらいのドイツ並のスピードだと考えていいと思います。ドイツは3/20頃から一部の州で不急の外出を制限する措置を出しましたが、その日の感染者数は10,999人(前日比+2,801人)で遅きに失した感があります。

だからどうせい、とは書きません。そこから何を読み取って、各自がどう行動すべか考える時だと思います。
政府が非常事態宣言を出すかどうか、知事がどうか、市長がどうかではなく、自分がどう動くかです。


NY在住の日本人女性が日本のぬるさを警告している動画を見ましたが、『Steins;Gate』で未来の自分から警告を受ける主人公を思い出しました。これはまさに未来からの警告だと思っていいのではないか、と思えます。

https://www.youtube.com/watch?v=kRr_j2dq4lE&feature=youtu.be&fbclid=IwAR2_GNXsn5RkAh8tES8maH4a6FbR64inhNluv3ctyg_QDX0yvqe0ZeO47gc
⚠️ほんまに聞いてほしい⚠️マジでコロナを舐めたらアカン

ひょっとすると自分もヒトスジシマカではないかと疑うということ

飲食の場がクラスター化する可能性が高いというのは、ダイヤモンド・プリンセス号や中国の家庭料理持ち寄り祭りでの感染爆発でなんとなく予想をしていた。

個人的には外での飲みは年明けからやめていた。それはたまたま帯状疱疹が出たからなのだが、いろんな飲み会に誘われてもほとんどキャンセルしていた。
その後、新型コロナが中国で蔓延する状況を見て、さらにダイヤモンド・プリンセス号の状況を見た。
その頃には既に、「感染しても無症状の人がいる」ということは明らかになっていた。

これがどれほど怖いかというと、デング熱で代々木公園の蚊を駆除したことを思い出せばわかる。国内でデング熱感染が出た2014年。代々木公園でヒトスジシマカの駆除が行われた。
蚊の行動範囲はそれほど広くないということと、駆除しようと思えばできる、という点が救いだった。確かに公園の側溝など、駆除するのは大変な作業だったと思うけれど、相手は所詮蚊である。刺されないように防御して、見つけたら駆除すればいい。重要なのは、「駆除するヒトスジシマカがウィルスを持っているかどうかは検査する必要もない」ということだ。疑わしきは全て駆除すればよかった。

今回のこの新型コロナウィルスは、残念なことに「症状の出ていない感染者」がデング熱でいうところのヒトスジシマカの役割を持っている。
そしてこの「ヒトスジシマカ」は自分の意思で広範囲に行動し、しかも駆除されることは決してない。卒業旅行で海外に行くし、送別会で飲み食い歌い、ナイトバー(久しぶりに聞いたな)で夜通し飲んで語る。大変厄介なヒトスジシマカである。
やみくもな検査はすべきではない、という説は確かに正しい。症状のない人までもを病床に入れてしまうと医療崩壊が起きてしまう。しかし、誰が感染者かがわからない状況では、誰を警戒していいかわからない。そして自分が感染しているかどうかもわからないから、感染の輪を断つことが難しい。

そう考えた末に辿り着いたのが、「自分が気づかないうちに感染しているヒトスジシマカかもしれないと考えて行動する」ということだった。

2月23日に、千葉県の40代の男性会社員の感染が確認され、発症後に広島、岐阜に出張したということがわかっていた。この例が、個人的には警鐘となった。ひょっとすると自分も感染していたとしたら、出張先に迷惑がかかるんじゃないか、と。さらに仕事で関わる可能性のある人に迷惑がかかるんじゃないか、と。この例では「発症後」だったが、無症状の人がいるのであれば、その状態で感染させないと言い切れるのか?
27日の夜、出張で訪れた静岡で3人で飲んだのが、家族以外との最後の会食だ。滞在中のホテルの朝食はビュッフェ形式だったが、自分は食べなかった。
この頃はまだ、日本の感染者数は230人ほどで、感染者数をダイヤモンド・プリンセス号の感染者数と合わせて報道するのは日本の感染者数を誇大に見せてしまっているんじゃないか、などとのんきなことを言っている人がいた頃だ。

これ以降、自分の2週間前の行動を辿れるようにし、さらに自分の行動が「自分が感染しているかもしれない人間として、後ろめたくないかどうか」を基準にして、行動するようにしている。

でも本当はそれでもまだ足りない。「自分が感染しているかもしれない人間」が本当に取るべき行動は、「仕事も含めて外出を自粛する」ことなのだ。

結局のところ、全ての人がそういう意識を持たない限り、このウイルスに打ち勝つことはできないのではないかと個人的には思う。もしくは、全ての人がウイルスにかかってしまって抗体を持つかである。その場合、たくさんの命が失われることになるのは、これまで世界中で現実になってしまっている。

そして、個人にその決断をさせることができる唯一の方法がロックダウンなのではないかと思う。
それくらいの危機感がないと、「やむをえない仕事」として出勤してしまう人を自宅に留まらせることはできない。
ヒトスジシマカの発生を抑えるために水たまりなどができないようにしたように、無自覚無症状キャリアが外に出ないようにするために今すべきことは何なのかを考えるべきである。

世界がロックダウンという劇薬を飲んでいるのに、「まだギリギリしのいでる」と言って決断できない日本は、二週間後には感染者数千人という事態になってしまっても不思議ではない。『鬼滅の刃』の鎧塚さんの言葉を借りれば、「判断が遅い」のだ。残念だけれど。

とか言いながら、やっぱり出社しないといけない現実がある。ある程度は在宅勤務で凌いでいるが、社外での会議などが発生すると出勤してしまう。ほんと、どうしようもない。

『テセウスの船』と『僕だけがいない街』はなぜあの時代なのか

このところ映画(主にホラー)やマンガの話ばかりしか書いてませんでした。

世の中が新型コロナウィルスで鬱屈としたムードになってしまっているので、極力現実逃避モードに走るようになっていましたのかもしれません。みなさんはお元気ですか?

ドラマの『テセウスの船』の評判が非常によかったので原作を読み始めてみたんですが、これがなんとも面白い。すっかりはまって一気に最後まで読んでしまいました。

基本的にタイムスリップとかタイムリープというテーマは大好きです。自分でもいつかはこれをテーマに小説を書いてみたいくらい。

最近のマンガだと『僕だけがいない街』。ゲーム&アニメだと『Steins;Gate』。小説だと枚挙にいとまがないです。あ、『ドラえもん』は忘れてはいけませんね。我々世代にタイムスリップという概念を骨の髄まで染み込ませてくれた重要な作品です。

過去に起こった事柄を修正しようとすると、未来が変わって思うようにいかない。そういうジレンマを常に意識しながら物語が進むので、読者としてはわくわくしてしまうんですよね。過去の時点でうまくいったからといって、未来がどうなるかはわからない。だからこそ、読者は作品の中の人物と一緒になって事の成り行きを見守っていくことになります。そして、未来の変化が劇的であればあるほど、その期待感が報われるんですね。

この作品の場面の設定としては、『僕だけがいない街』に似ている部分もあります。1980年代末の北海道の小学校で起こった殺人事件を巡って人生を狂わされた主人公が、現代からタイムリープしていくという設定。『僕だけ』が1988年2月。『テセウス』は1989年1月7日(平成が始まった日)。誤差約1年です。そういう意味では確かにかなり似ています。

しかし、読んでみればわかりますが、このふたつの作品はテイストがまったく違います。個人的にはどちらも好きですが、『僕だけ』は技巧的、『テセウス』は叙情的です。似ているのは舞台設定だけです。

ではなぜ舞台設定が似通っているかですが……。北海道の小学校が舞台であるというのは、作者の出身地が北海道であるということと、ほぼ同世代であることに起因すると思われます。ぶっちゃけて言えばたまたまだ、ということですね。

実はこの時代設定というのはタイムリープものに限らず、結構多いように思います。横山秀夫の『64』は、まさにこの昭和64年(1989年1月1日~7日)に起こった事件をベースとして、現代の事件を追う物語でした。

私自身、この頃に中学~高校という多感な時期を過ごしたので、よく覚えている時代です。昭和天皇崩御へ至る自粛ムードから年号が平成に変わり、時代の変化を感じた時代です。

一方で、宮崎勤という稀代のサイコパスが一連の事件を起こしていたのもこの時期なんですよね。実は『僕だけ』も『テセウス』も、この宮崎勤の連続幼女殺害事件を暗黙のうちに時代感のベースとして利用しています。

今の40~50代が「連続殺人事件」といってまず最初に思い出すのはこの事件かもしれません。犯行声明を新聞社に送ったり、ビデオ収集癖があったり、ワイドショーが飛びつきそうなネタに溢れていました。もう少し上の世代だと「三億円強奪事件」や「江崎グリコ事件」となるかもしれません。いずれもその時代を代表する事件であり、報道だったと思います。

そんなわけで、過去の連続殺人事件を阻止するタイムスリップというテーマ設定となると、この頃を舞台として選択するのは、ある意味我々世代の同時代性と言えるのかもしれません。

テセウスの船 第3巻

評価:5.0

心が子どもたちの前で新聞配達員の長谷川翼について口を滑らせてしまったため、鈴は明音と対立してしまう。
心はノートの記録に従って、田中義男の身を案じるが、その裏で別の事件が進行していたのだった。
それにしても、心の行動はかなり不用意。ただでさえ身分の証明ができないのだから、行動には慎重になるべきなのに、不用意に長谷川翼への不信感を子どもたちに伝えたり、事件の原因となる薬物を運び出したり、怪しい人物の周辺に探りを入れたり、重要な証拠であるイラストを教室で落としたり。「志村、後ろ後ろ」な状態なわけだが、本人は至って真剣に不用意を貫いている。
さてここまでの流れで、明らかに怪しいのは長谷川翼。そしてその婚約者である佐々木紀子。青酸カリ事件で意識不明にはなったものの一命はとりとめた加藤みきお。
回収されていない伏線もいくつかある。心が現れなければ複年制だった点。明音に小屋の外から声をかけた人物。帰ってきた鈴の態度。長谷川翼が佐々木紀子に語った「三日後」。木村鍍金工場からなくなったシアン化カリウムの瓶。鈴のアクセサリー。
過去が変わったことにより、複雑化していきそうだが、絵が丁寧でわかりやすいのですんなり話が入ってくる。
これは一気に最後まで読みたくなってきた。

GIGANT 第5巻

評価:3.0

GIGANT(5) (ビッグコミックス)

GIGANT(5) (ビッグコミックス)

ETEによる3体の破壊神はジャイアント・パピコによって打ち倒され、パピコは一躍日本を救ったヒロインとなった。
超多忙なパピコだったが、時間を作っては零との逢瀬を繰り返す。ETEのサイトも閉鎖され、平穏な毎日が続くと思われたのだが……。
米大統領が信じなかったために閉鎖されていなかったアメリカ版ETEにより、ニューヨークにサタンが現れ、大惨事になる。
そして時を同じくして、東京になにやら怪しい集団が現れる。