最近の記事

過去の書評などを遡って書いたりするので、最近一週間分くらいの更新を表記しておきます。

WF-1000XM3 ファーストインプレッション

SONYから発売されたワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン『WF-1000XM3』を試してみた。


これまで、ワイヤレスイヤホンは主に初代Airpodsを使っていたのだが、1時間を超えるラジオなどを聴いていると、電池が力尽きることが多くなってきた。

電池がヘタッてきたという面もあると思うが、もともとAirpodsは電池容量が少ないのが残念なところだった。軽くて耳につけるだけでほぼ問題なくペアリングできるので重宝はしていたのだが、例えば映画などを観ようとするとどうしても途中で「ポ・ポロポン」と電池寿命が少なくなってきたというメッセージ音が鳴るのである。これがまた切ない音なのだ。

また、AirpodsApple製品とのペアリングはできるが、その他の製品では繫がらないというのも難点だった。Android端末(Fire端末)やPCなどから接続できないので、Android用にも別のワイヤレスイヤホンを用意しておく必要があった。

いくらAirpodsが軽くて便利だとはいえ、二重持ちは不便だった。聞いたことのないメーカーのワイヤレスイヤホンを併用したりしていたのだが、これはこれでペアリングが思い通りにいかなかったりして不便だった。


片耳だけイヤホンを入れることも多いのだが、Airpodsだと特に何も考えなくても片方だけでも、途中から両方使っても、接続してくれた。しかし、サードパーティ製品はこのあたりが使い勝手が悪かった。片耳で聞いても両耳で聞いても、ほぼシームレスに使えるのはAirpodsの最大の利点だったと思える。

そういう状況に登場したのが今回のSONYの『WF-1000XM3』だった。

SONY製のワイヤレスイヤホンは、両耳がコードで繫がったタイプのものを使っていたことがある。これもまぁ良かったのだが、やはりコードが邪魔になり、ほぼ使わなくなっていた。BTの規格も古く、やはり電池がそれほど長く持たなかった。

『WF-1000XM3』は、モバイルバッテリー的な本体ケースが大きく、イヤホン自体も意外と大きい。しかし、電池の耐久時間は、ノイズキャンセリング機能を有効にしても公称で6時間とある。これは期待できそうである。

屋外で使ってみると、ノイズキャンセリング機能の性能の高さに驚く。車の音などが遮音されて、静寂に包まれたような状況になる。正直、ノイズキャンセリング機能をオンにして路上を歩くのは身の危険すら感じてしまうほどである。

全く聞こえないわけでもなく、耳を澄ませばかすかに音はしているし、電車のアナウンスもうっすら聞こえる。これまでのSONYのワイヤレスイヤホンにもノイズキャンセリング機能はついていたが、それとは別次元と言っていい。時代は進んでいるのだなぁと実感した。

ホームで電車を待ちながらラジオを聴いてたりすると、電車がやってくる音があまりにも静かなことに驚く。当然、かすかに音は聞こえるのだが、なんというか「これは身の危険を感じるくらいの静寂さだ」と思ってしまう。轟音を立ててホームに滑り込んでくる電車には、知らず知らず身を引くが、ほとんど音も立てずに近づくファッキン・プリウス(『パラノーマル・アクティビティズ』より)には、身の危険を感じるということだ。つまり、轟音を立てる電車がファッキン・プリウスに感じるくらいの効果、ということになる。

左耳のイヤホンをタップすると、外の音を取り込むモードに切り替わる。外の音を聞いておきたい状況ではそのモードの方が身のためだろう。操作方法は、別途インストールするアプリで変更もできる。

音質はAirpodsとは比べものにならない。『WF-1000XM3』の圧勝。試しにGooglePlayでJAZZのプレイリストをかけながらがやがやする食堂で本を読んでみたが、まるでジャズ喫茶にいるかのように本に没頭できた。喫茶店で周囲の席の不健康自慢や怪しげなセールストークに気持ちをかき乱されることもなくなりそうである。

耳へのフィット感はAirPodsの方がいい。「うどん」を耳から垂らしている分、落ちにくい(笑)。『WF-1000XM3』は筐体が重いので、耳の穴に30度くらいねじ込まないと落ちそうである。

ファーストインプレッションとしてはこんなものだろうか。Airpodsから乗り換えるには十分過ぎる。

というわけで、しばらくは『WF-1000XM3』をメインとして通勤に使っていく。電車が地下に入ってもほとんど外の音が気にならない。トンネルに負けないように音声を大きくする必要もなくなるというわけだ。

もちろん、ノイズキャンセリング性能はヘッドフォンの方がいいに決まっているが、個人的には外にヘッドフォンを持ち出す気には全くなれない。もっと周囲の音を遮断したいのであれば、『WH-1000XM3』に行くといい。

ハリガネサービス 第15巻

評価:5.0

下平のサービスは成長を止めない。しかしそれに桐城高校の三河もなんとかついていこうとする。
両チームの全力がぶつかる展開は、練習試合の頃とは全くの別物。あの頃はただの超人マンガだったという印象があったが、ここまで来るとそれはただの個性に過ぎないのであって、選手たちの成長譚として読み応えのある物語になっている。それだけ、マンガとしての構成力が成長したということなのだろう。

ハリガネサービス 第14巻

評価:4.0

対王葉工業戦のクライマックス。両者全力を尽くした戦いもついに決着を迎える。
そして迎える対桐城高校戦。
スタートこそ全体的に成長した豊瀬が押すものの、くせ者の倉光の投入により桐城はペースを取り戻す。
王者桐城に対し、豊瀬がどこまで迫れるのか。

ハリガネサービス 第13巻

評価:4.5

雲類鷲の影に隠れていた上屋のエピソード。潜在能力を発揮し、豊瀬の前に立ちはだかる。
バレーを生き生きと楽しむ様を見て、窮地にありながらわくわくする下平。
そんな下平を見て、読者もわくわくしちゃうんだよなぁ。

ハリガネサービス 第12巻

評価:4.0

雲類鷲の行為に静かな怒りを覚えた下平は、6連続サービスエースを決めるものの、監督からバレーを楽しんでいるか問われて愕然とする。
そして「ハリガネ」が使えなくなってしまう。
落ち込む下平に代わり、右手を怪我して使えなくなった野々原がコートに入り、斬新なプレーで雰囲気を一気に変える。
チームメイトから必要とされることで下平も気を取り直し、新たな段階へと成長を果たす。
超人的なプレーばかりが目立っていたこの作品だが、徐々に人間の成長という背景を物語に取り込み、深みが増していっているように思える。
面白くなってきた。

サピエンス全史 上

評価:4.5

文体の歯切れがいいので、やや強引に感じる部分もあるが、最近の発掘情報などのエピソードも交えて語られているので説得力がある。
ホモ・サピエンスの歴史を「認知革命」「農業革命」「科学革命」の三つの重要な革命が与える影響を軸に語る社会歴史学
認知革命は言語・共通概念の獲得であり、その最大の成果は社会的「虚構」を作り出すことだった。虚構とはすなわち、宗教であり、国家であり、貨幣経済であり、この認知革命こそがサピエンスを人類(ホモ属)の支配者にせしめたのだという。
続く「農業革命」では、サピエンスは農耕により爆発的な人口増加を得た代わりに、より効率的を求めるために穀物に隷属(小麦による人類の家畜化)するようになったと語る。効率的に作物を得るために工夫を凝らし、それがさらなる人口増加を生み、さらなる食糧不足を引き起こす。贅沢を得るために我々は効率化という踏み車をより速く踏み続けるはめになる、「贅沢の罠」にハマっているのだという。
上巻最終章「人類の統一」では、貨幣の登場により「帝国」が複数の民族を統治するようになり、それがいまやグローバルに広がりつつあると説く。
著者によれば、国家主義は次第に影を潜め、グローバリズムによって全人類が「わたしたち」になるのだという。
ここ数年はむしろ逆行的に、国粋主義が台頭をし始めているようにも見えるが、それは恐らく「揺り返し」のようなものだということだろう。
個別の小さな集落だった人類が、グローバル化した帝国に飲み込まれていくメカニズムは、幻想的な印象はあるものの、説得力がある。