J:COM LINKが始まった

今の家に引っ越してからずっとJ:COMを使っていたのだが、満足度は決して高くなかった。

その原因は、J:COMSTBとして使っていたSmart TV Boxだった。

www.jcom.co.jp

コンセプトとしてはかなり先進的で、iPadや専用タブレットに番組をダウンロードすることができたのだ。

外出先でCATVで録り溜めた録画を視聴できるという機能はとてもよかった。それが安定して使えるのであれば……。

このSmart TV BoxはAndroidで動作していたのだが、ケーブルテレビ回線を使ったWiFiルーター機能も兼ねたかなり欲張った設計だった。

しかし個人的な感想からいえば、この端末のデキはひどかった。

2014年から使い始めて5年。その間に実に3回も端末が故障交換になった。

端末の交換になってしまうと、それまで録り溜めたHDD内の録画は全部消えてしまう(初期化しないと新しい端末に接続できない)。約1年半ごとに録画全消去を3回も経験すると、さすがにちょっと呆れてしまう。

さらに、タブレットに転送できると書いたものの、このダビングが非常に不安定だった。ほぼ録画時間かかる上、ダビング中はアプリをアクティブにして表示させておく必要がある。そして、3回に2回以上の割合でダビングが失敗する。

というわけで、録り溜めたものの録画がなかなか消化できず、さらに1年半ぐらいで録画が全て消えてしまうということの繰り返しだった。

ほかのSTBに切り替えることもできたのだが、そのSTBは録画をタブレットにダウンロードすることができず、こちらもなかなか録画消化が進まなかった。

ところが、このたびJ:COMが新しいSTBのサービスを開始した。それがこのJ:COM LINKだ。

www.jcom.co.jp

今度はSmart TV Boxの経験を生かして、WiFiルーター機能はなくなり、単純なAndroid STBとなった。

さらに、タブレットに入れるアプリも更新された。

J:COM LINK-XA401

J:COM LINK-XA401

  • Jupiter Telecommunications Co., Ltd.
  • エンターテインメント
  • 無料
DiXiM Play for J:COM

DiXiM Play for J:COM

  • DigiOn, Inc.
  • エンターテインメント
  • 無料

J:COM LINK-XA401は、Smart TV Boxのタブレット用アプリSmartTVRemoteのJ:COM LINK版である。

起動時やアプリ全体のUIはSmartTVRemoteを踏襲しているのだが、触ってみれば全く別物と思えるくらいその進化具合がよくわかる。

きびきび動いて番組表の閲覧もストレスがない。

DiXiM Play for J:COMは、J:COM LINKを外出先で視聴するためのアプリである。ストリーミング再生が基本のようだが、番組のダウンロードもできるらしい。

外出先で放送中の番組が観られるというのはいいかもしれない。録画するまでもないがライブで観たいものはこれで楽しむことができそうだ。

アプリの安定性やダウンロード、再生状況についてはまた試してみたいと思う。