マンガ、映画の感想をベースに、たまにいろいろ書いてます。


ノンフィクション

『女帝 小池百合子』 あったー、私のバッグ。

評価:4.5女帝 小池百合子 (文春e-book)作者:石井 妙子発売日: 2020/05/29メディア: Kindle版石井妙子著。現東京都知事の小池百合子氏の虚言・虚栄・変節を赤裸々に描いたノンフィクション。カイロ大学首席卒業が真実かどうかは正直どうでもいいのだが、小池…

『サピエンス全史』下 はたして人間は「幸せ」になったのだろうか

評価:5.0サピエンス全史(下) 文明の構造と人類の幸福 サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福作者:ユヴァル・ノア・ハラリ発売日: 2016/09/16メディア: Kindle版「認知革命」、「農業革命」に続いてサピエンスが迎えた革命は「科学革命」だった。 「集団…

『Stage For~ 舌がん「ステージ4」から希望のステージへ』 堀ちえみの大ファンでした

評価:5.0Stage For~ 舌がん「ステージ4」から希望のステージへ (扶桑社BOOKS)作者:堀 ちえみ発売日: 2019/10/19メディア: Kindle版小学校の頃、堀ちえみの大ファンだった。透明のプラスチック製下敷きに、月刊『明星』から切り抜いた堀ちえみの写真を…

サピエンス全史 上

評価:4.5サピエンス全史(上) 文明の構造と人類の幸福 サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福作者: ユヴァル・ノア・ハラリ出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2016/09/16メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る文体の歯切れがいいので、やや強…

ご冗談でしょう、ファインマンさん 下

評価:4.0ご冗談でしょう,ファインマンさん 下 (岩波現代文庫)作者: R.P.ファインマン,大貫昌子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2014/12/18メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るアメリカの論理物理学者リチャード・P・ファインマンの自伝的逸…

ご冗談でしょう、ファインマンさん 上

評価:4.0ご冗談でしょう,ファインマンさん 上 (岩波現代文庫)作者: R.P.ファインマン,大貫昌子出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2014/12/18メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るアメリカの論理物理学者リチャード・P・ファインマンの自伝的逸…

『ワタシは最高にツイている』 小林聡美

評価:4.0 (Amazon) 2004年から3年間の小林聡美のエッセイ集。力の抜け方が絶妙。 もともと女優としてかなり好きな方なのだが、文章を読むのは初めて。 読んでみると、三谷幸喜の文章より肩肘が張ってなくて読みやすい。 このふたりは2011年に離婚していて、…

『「怖い絵」で人間を読む』 中野京子

評価:4.0 (Amazon) 人間の持つ様々な感情や、歴史に翻弄される人生、宮廷生活をテーマに、絵画の紹介をする。 スペイン・ハプスブルク家の凋落の歴史を語るベラスケスの『フェリペ・プロスペロ王子』。 オーストリア・ハプスブルク家の皇妃エリザベート。 …

『マネー・ボール』

評価: (Amazon) 野球界の常識を覆す「お金をかけずにいかに勝つチームを作るか」に挑戦したアスレチックスのゼネラル・マネジャー、ビリー・ビーンの物語。盗塁をしない、犠牲バントをしない、そして何より重要なのは出塁率である。そんな理論をもとにビリ…