2019年の振り返り(今さら?)

そういえば2020年になって既に1カ月が経とうとしています。うっかりしてました。

2019年は遅読の私としては、かなり読んだと思います。

『日の名残り』
『生ける屍の死』
『IT』
『わたしを離さないで』
『新撰組血風録』
『八日目の蟬』
『ご冗談でしょう、ファインマンさん』上
『ご冗談でしょう、ファインマンさん』下
『ロング・グッドバイ』
『騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編』
『騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編』
『君の膵臓をたべたい』
『さらば愛しき女よ』

ここまでは昨年6月にまとめたところ。
さらに12月までに、以下の本を読みました。

『忘れられた巨人』
『サピエンス全史』上
『サピエンス全史』下
『そして夜は甦る』
『四つの署名』
伊豆の踊り子
『Stage For~ 舌がん「ステージ4」から希望のステージへ』
『監禁面接』
『府中三億円事件を計画・実行したのは私です。』
遠まわりする雛

前半に比べるとやや失速していますが、まぁこんなものでしょう。

映画も結構視聴しました。このブログには個別に感想を挙げてますが、昨年7月くらいまでしかアップできていないのです……。

『IT』 1990年版
『THE GUILTY ギルティ』
『ピエロがお前を嘲笑う』
『グリーンブック』
『ハプニング』
『ユージュアル・ネイバー』
『IT FOLLOWS』
『バタフライ・エフェクト』
『バタフライ・エフェクト2』
『バタフライ・エフェクト3』
『パラノーマル・アクティビティ』
『セブン』
『パラノーマル・アクティビティ2』
『パラノーマル・アクティビティ3』
『パラノーマル・アクティビティ4』
『パラノーマル・アクティビティ5』
『パラノーマル・アクティビティ 呪いの印』
『君の膵臓をたべたい』
『バケモノの子』
未来のミライ
『ペット2』
クライマーズ・ハイ
『クリミナル 2人の記憶を持つ男』
『太陽の家族』
死霊館
ゲット・アウト
アナベル 死霊館の人形』
ブラック・レイン
死霊館 エンフィールド事件』
『AlphaGo』

まとめてみると結構しっかり観てますね(汗)。
シリーズものはできるだけまとめて観たい傾向があるようで、昨年は『パラノーマル・アクティビティ』シリーズにはまりました。
年末からは『死霊館』シリーズにも手を出しています。

今年はどんな作品を体験できるのか。楽しみにしています。